, ハードウェア バージョン 15 以降を使用している場合、Virtual NVMe コントローラが以下のゲスト OS のデフォルトのディスク コントローラになります。, Windows 10Windows Server 2016Windows Server 2019, Virtual NVMe コントローラを使用している場合、一部の機能が使用できないことがあります。詳細については、https://kb.vmware.com/s/article/2147714 を参照してください, 注:一部のクライアントでは、以前のデフォルトの LSI Logic SAS が使用されます。これには、ESXi Host Client と PowerCLI が含まれます。, 回避策:Virtual NVMe で使用できない機能が必要な場合は、VMware 準仮想化 SCSI (PVSCSI) または LSI Logic SAS に切り替えます。VMware 準仮想化 SCSI (PVSCSI) の使用方法については、https://kb.vmware.com/s/article/1010398 を参照してください, 要求ルールは、NMP、HPP などのマルチパス プラグインが特定のストレージ デバイスへのパスを所有するかどうかを判定します。ESXi 7.0 は、要求ルールの重複をサポートしていません。ただし、レガシー リリースからのアップグレードによって継承された既存の要求ルールに重複したルールを追加しても、ESXi 7.0 ホストはアラートを表示しません。重複したルールを使用すると、ストレージ デバイスが意図しないプラグインによって要求され、予期しない結果が発生する可能性があります。, 回避策:重複したコア要求ルールは使用しないでください。新しい要求ルールを追加する前に、一致する既存の要求ルールをすべて削除してください。, CNS QueryVolume API を使用すると、ボリュームの健全性やコンプライアンスの状態など、CNS ボリュームに関する情報を取得できます。個々のボリュームのコンプライアンスの状態を確認すると、結果が迅速に取得されます。ただし、複数(数十、または数百)のボリュームのコンプライアンスの状態をチェックするために CNS QueryVolume API を呼び出すと、クエリの実行速度が低下することがあります。, 回避策:一括クエリを使わないようにします。コンプライアンスの状態を取得する必要がある場合は、一度に 1 つのボリュームに対するクエリを実行するか、クエリ API のボリュームの数を 20 以下に制限します。クエリを使用している間は、最高のパフォーマンスを得るために、他の CNS 操作を実行しないようにします。, CNS ボリュームをバッキングする FCD ディスクを削除した後も、そのボリュームが CNS ユーザー インターフェイスに既存のボリュームとして表示される場合があります。ボリュームを削除しようとすると、失敗します。次のようなエラー メッセージが表示されることがあります。参照するオブジェクトまたはアイテムを検出できませんでした。, 回避策:次回の完全同期で不整合が解決され、CNS ユーザー インターフェイスが正常に更新されます。, 複数のボリュームを同じポッドに同時に接続しようとすると、接続操作中に同じコントローラ スロットが選択されることがあります。その結果、1 つの操作のみが成功し、それ以外のボリュームのマウントは失敗します。, 回避策:Kubernetes が失敗した操作を再試行した後、ノードの仮想マシンでコントローラ スロットが使用可能な場合、操作は成功します。, この問題は、非準拠のストレージ ポリシーを使用して CNS ボリュームを作成する場合などに発生することがあります。操作は失敗しますが、vSphere Client ではタスクのステータスが「成功」と表示されます。, 回避策:vSphere Client でタスクのステータスが成功になっていても、CNS 操作が成功したとは限りません。操作が正常に完了したことを確認するには、結果を確認してください。, この問題は、CNS の削除 API でポッドに接続されているパーシステント ボリュームを削除する際に発生することがあります。たとえば、ポッドが実行されている Kubernetes 名前空間を削除する際に発生することがあります。その結果、ボリュームは CNS から消去され、CNS のクエリ操作でボリュームが返らなくなります。しかし、ボリュームはデータストア上に配置され続け、CNS 削除 API 操作を繰り返しても削除することはできません。, vCenter IP アドレスを変更すると(PNID の変更)、登録されているベンダー プロバイダがオフラインになります。, vCenter Server をまたがった vMotion を使用して、仮想マシンのストレージとホストを別の vCenter Server インスタンスに移動するときに、「現在の状態ではその操作を実行できません」というエラーが表示されることがあります。, このエラーは、暗号化やその他の I/O フィルタ ルールなどのホスト ベースのルールを含むストレージ ポリシーが仮想マシンに割り当てられている場合に、ユーザー インターフェイス ウィザードで、ホストの選択手順の後、データストアの選択手順の前に表示されます。, 回避策:ホスト ベースのルールを持たないストレージ ポリシーに、仮想マシンとそのディスクを割り当てます。ソース仮想マシンが暗号化されている場合は、仮想マシンの復号化が必要になる場合があります。次に、vCenter Server をまたがった vMotion アクションを再試行します。, vCenter Server ユーザー インターフェイスで [ホスト] > [監視] > [ハードウェア健全性] > [ストレージ センサー] の順に移動すると、ストレージ情報として正しくない値または不明な値が表示されます。同じ問題が、ホスト ユーザー インターフェイスと MOB パス runtime.hardwareStatusInfo.storageStatusInfo でも発生します。, vSphere ユーザー インターフェイスのホストの高度な設定で、現在のプロダクト ロッカーの場所が空として表示されます(デフォルトでは空)。これは、実際のプロダクトの場所 symlink が作成され、有効であることと一貫していません。これにより、ユーザーに混乱が生じます。デフォルトは、ユーザー インターフェイスからは修正できません。, 回避策:ユーザーは、ホストで esxcli コマンドを使用して、現在のプロダクト ロッカーの場所のデフォルトを次のように修正できます。, 1.既存のプロダクト ロッカーの場所の設定を次のように削除します:esxcli system settings advanced remove -o ProductLockerLocation, 2.a. 影響を受ける Qlogic HBA アダプタは、HP Ethernet 10Gb 2-port 530T です。, ESXi 7.0 または 7.0 b を実行しているホストに、ESXi 7.0 Update 1 に適用されるドライバをインストールすることはできません。次のようなエラーが発生して、操作は失敗します。VMW_bootbank_qedrntv_3.40.4.0-12vmw.701.0.0.xxxxxxx requires vmkapi_2_7_0_0, but the requirement cannot be satisfied within the ImageProfile.​詳細についてはログ ファイルを参照してください。, 回避策:ESXi ホストを 7.0 Update 1 にアップデートします。ドライバのインストールを再試行します。, Security Token Service (STS) 証明書に Subject Alternative Name (SAN) フィールドが含まれていない場合、vCenter Server のアップグレード/移行の事前チェックは失敗します。この状況は、vCenter 5.5 Single Sign-On 証明書を SAN フィールドのないカスタム証明書に置き換えてから、vCenter Server 7.0 にアップグレードしようとした場合に発生します。アップグレード プロセスによって STS 証明書が無効であると判断され、事前チェックによってアップグレード プロセスが続行されなくなります。, 回避策:STS 証明書を、SAN フィールドを含む有効な証明書に置き換えてから、vCenter Server 7.0 のアップグレードまたは移行を続行します。, アップグレード後、ESXi には 64 ビットの CIM プロバイダが必要であるため、以前にインストールした 32 ビットの CIM プロバイダは動作を停止します。CIMPDK、NDDK(ネイティブ DDK)、HEXDK、VAIODK(I/O フィルタ)に関連する管理 API 関数が失われ、uwglibc 依存関係に関連するエラーが表示されることがあります。Syslog では、モジュールが見つからないため、「32 ビットの共有ライブラリがロードされていません」とレポートされます。, 回避策:対処法はありません。修正するには、新しい 64 ビットの CIM プロバイダをベンダーからダウンロードします。, スマート カードまたは RSA SecurID 認証用に vCenter Server を構成した場合は、vSphere 7.0 アップグレード プロセスを開始する前に、https://kb.vmware.com/s/article/78057 の VMware ナレッジベースの記事を参照してください。ナレッジベースに記載されている回避策を実行しないと、次のエラー メッセージが表示される場合があり、スマート カードまたは RSA SecurID 認証が機能しません。, 「スマート カード認証が機能しなくなることがあります。スマート カードの設定が保存されず、スマート カード認証が機能しなくなることがあります。」, 「RSA SecurID 認証が機能しなくなることがあります。RSA SecurID の設定が保持されず、RSA SecurID 認証が機能しなくなることがあります。」, 回避策:vSphere 7.0 にアップグレードする前に、https://kb.vmware.com/s/article/78057 の VMware ナレッジベースの記事を参照してください。, 外部 Platform Services Controller を使用する vCenter Server デプロイをアップグレードする場合は、Platform Services Controller を vCenter Server Appliance に統合します。エラー install.vmafd.vmdir_vdcpromo_error_21 でアップグレードが失敗する場合、VMAFD の firstboot プロセスが失敗しています。VMAFD の firstboot プロセスは、ソース Platform Services Controller および複製パートナー vCenter Server Appliance から、VMware Directory Service データベース (data.mdb) をコピーします。, 回避策:外部 Platform Services Controller を持つ vCenter Server をアップグレードする前に、ソース Platform Services Controller または複製パートナー vCenter Server Appliance のイーサネット アダプタ上で TCP セグメンテーション オフロード (TSO) およびジェネリック セグメンテーション オフロード (GSO) を無効にします。ナレッジベースの記事 (https://kb.vmware.com/s/article/74678) を参照してください, vSphere Authentication Proxy サービス (vmcam) が、デフォルトの TLS 1.2 プロトコル以外の特定の TLS プロトコルを使用するように構成されている場合は、この構成が CLI のアップグレード プロセスで保持されます。vSphere は、デフォルトで、TLS 1.2 暗号化プロトコルをサポートしています。TLS 1.2 をサポートしていない製品またはサービスをサポートするために TLS 1.0 および TLS 1.1 プロトコルを使用する必要がある場合は、TLS 構成ユーティリティを使用して、複数の TLS プロトコルのバージョンを有効または無効にすることができます。, 回避策:TLS 構成ユーティリティを使用して、vmcam ポートを構成します。TLS プロトコル構成を管理する方法や、TLS 構成ユーティリティを使用する方法については、『VMware セキュリティ』ドキュメントを参照してください。, vCenter Server 7.0 へのアップグレード後は、RSA SecurID を使用した認証が機能しません。RSA SecurID ログインを使用してログインしようとすると、この問題についてのエラー メッセージが表示されます。, vCenter Server for Windows を vCenter Server Appliance 7.0 に移行すると、「IP がネットワークにすでに存在します」というエラー メッセージが表示され、失敗します。これにより、移行プロセスで新しい vCenter Server Appliance のネットワーク パラメータを構成できなくなります。詳細については、次のログ ファイルを確認してください。/var/log/vmware/upgrade/UpgradeRunner.log, vSphere 7.0 では、仮想インフラストラクチャ管理 (VIM) API を使用して(たとえば vSphere Client を通じて)、SR-IOV デバイスの仮想関数の数を構成できます。このタスクでは ESXi ホストを再起動する必要はありません。VIM API 構成を使用した後に、max_vfs モジュール パラメータを使用して SR-IOV 仮想関数の数を構成しようとすると、VIM API の構成によってオーバーライドされるため、変更が反映されないことがあります。, 回避策:なし。SR-IOV デバイスの仮想関数の数を構成するには、毎回同じ方法を使用します。VIM API を使用するか、max_vfs モジュール パラメータを使用して ESXi ホストを再起動します。, メジャー アップグレードで、vCenter Server Appliance のソース インスタンスが VCHA NIC 以外の複数のセカンダリ ネットワークで構成されている場合、ターゲット vCenter Server インスタンスでは VCHA NIC 以外のセカンダリ ネットワークが保持されません。ソース インスタンスが、DVS ポート グループの一部である複数の NIC で構成されている場合、アップグレードで NIC 構成は保持されません。標準ポート グループの一部である vCenter Server Appliance インスタンスの構成は保持されます。, 回避策:なし。ターゲット vCenter Server Appliance インスタンスのセカンダリ ネットワークを手動で構成します。, 外部 Platform Services Controller を持つ vCenter Server をアップグレードまたは移行した後に、新しくアップグレードされた vCenter Server が Active Directory ドメインに参加していない場合、Active Directory を使用して認証を行うユーザーは vCenter Server インスタンスにアクセスできなくなります。, 回避策:新しい vCenter Server インスタンスが Active Directory ドメインに参加していることを確認します。ナレッジベースの記事 (https://kb.vmware.com/s/article/2118543) を参照してください, Oracle のイベントおよびタスク テーブルに ASCII 以外の文字列が含まれていると、イベントおよびタスク データをエクスポートするときに移行が失敗することがあります。次のエラー メッセージが表示されます。UnicodeDecodeError, この不整合は、ESXi 7.0 で要求ルールの重複が許可されていないにもかかわらず、使用中のプロファイルに重複するルールが含まれていることが原因で発生することがあります。たとえば、ESXi 6.5 または ESXi 6.7 からバージョン 7.0 にアップグレードする前にホストから抽出したホスト プロファイルを使用しており、ホスト プロファイルにシステムのデフォルト ルールで重複した要求ルールが含まれている場合、問題が発生することがあります。, vCenter Server 7.0 へのインストールまたはアップグレード後、vCenter Server 管理インターフェイス内の [アップデート] パネルに移動すると、「URL を確認して、やり直してください」というエラー メッセージが表示されます。このエラー メッセージが表示されても [アップデート] パネル内の機能は使用できるため、利用可能なアップデートの表示、ステージング、インストールは可能です。, VMware® vSphere Trust Authority™ で、信頼済みクラスタ上で HA を有効にしていて、クラスタ内の 1 つ以上のホストで証明が失敗した場合、暗号化された仮想マシンはパワーオンできません。, 回避策:信頼済みクラスタからの証明に失敗したすべてのホストを削除するか、修正します。, VMware® vSphere Trust Authority™ で、信頼されたクラスタで DRS を有効にしていて、クラスタ内の 1 つ以上のホストで証明が失敗した場合、DRS はクラスタ内の証明されていないホストで暗号化された仮想マシンをパワーオンしようとすることがあります。この操作により、仮想マシンがロックされた状態になります。, vSphere Client を使用して vCenter Server インスタンス間で暗号化された仮想マシンを移行またはクローン作成しようとすると、次のエラー メッセージが表示されて操作が失敗します。「現在の状態ではその操作を実行できません。」, 回避策:vCenter Server インスタンス間で、暗号化された仮想マシンを移行またはクローン作成するには、vSphere API を使用する必要があります。, Intel 82599EB/X540/X550 シリーズの NIC のネットワーク パフォーマンスを向上させるために、新しいキュー ペア機能が ixgben ドライバに追加されたことで、vSphere 7.0 の一部のワークロードでは、vSphere 6.7 と比較してスループットが低下することがあります。, 回避策:vSphere 6.7 と同じネットワーク パフォーマンスを実現するために、モジュール パラメータを使用してキュー ペアを無効にすることができます。キュー ペアを無効にするには、次のコマンドを実行します。, # esxcli system module parameters set -p "QPair=0,0,0,0..."-m ixgben, 高ネットワーク スループットを必要とする仮想マシンでは、NetIOC を有効にして vSphere 6.7 から vSphere 7.0 にアップグレードすると、スループットが低下することがあります。, 回避策:複数のワールドを有効にするように、ethernetx.ctxPerDev 設定を調整します。, あるポート グループから別のポート グループに VMkernel ポートを移行する場合、IPv6 トラフィックは IPsec を使用する VMkernel ポートを通過しません。, 回避策:影響を受けるサーバから IPsec Security Association (SA) を削除してから、SA を再適用します。IPsec SA を設定および削除する方法については、『vSphere セキュリティ』ドキュメントを参照してください。, ESX ネットワーク パフォーマンスの向上に伴って、CPU 使用率が部分的に増加する場合があります。, 回避策:ネットワーク インターフェイスを削除し、1 つの rx ディスパッチ キューのみを持つようにして追加します。例:, esxcli network ip interface remove --interface-name=vmk1, esxcli network ip interface add --interface-name=vmk1 --num-rxqueue=1, ホット アド、ホット リムーブ、または Storage vMotion の後で、仮想マシンがイーサネット トラフィックの受信を停止することがあります。この問題は、vNIC のアップリンクで SR-IOV が有効になっている仮想マシンに影響します。PVRDMA 仮想 NIC では、仮想ネットワークのアップリンクが Mellanox RDMA 対応の NIC であり、RDMA の名前空間が構成されている場合に、この問題が発生します。, 回避策:仮想マシンの、影響を受けるイーサネット NIC をホット リムーブしてホット アドすると、トラフィックをリストアできます。Linux ゲスト OS では、ネットワークを再起動すると問題が解決する場合もあります。これらの回避策の効果がない場合は、仮想マシンを再起動してネットワーク接続を復旧できます。, DDNS の導入により、DNS レコードの更新は、DHCP で構成されたネットワークを使用してデプロイされた VCSA でのみ機能します。VAMI を通じて vCenter Server の IP アドレスを変更すると、次のエラーが表示されます。, eth0 の IP アドレスを変更するには、オプション 6 を使用します。変更が完了したら、次のスクリプトを実行します。, VCSA 上のすべてのサービスを再起動して、DNS サーバの IP アドレス情報を更新します。, 論理スイッチの数が増えると、NSX Manager で対応する論理スイッチを削除した後、vCenter Server の NSX DVPG が削除されるまでに、より長い時間がかかる場合があります。12,000 個の論理スイッチがある環境では、NSX DVPG が vCenter Server から削除されるまでに約 10 秒かかります。, vSphere 7.0 では、NSX 分散仮想ポート グループは不透明ネットワークよりも非常に多くのメモリを使用します。このため、NSX 分散仮想ポート グループは、同じ量のメモリで不透明ネットワークと同じスケールをサポートできません。, 回避策:NSX 分散仮想ポート グループの使用をサポートするには、ESXi ホストのメモリ量を増やします。システムに仮想マシンをサポートするのに十分なメモリがあることを確認した場合、次のコマンドを使用して、hostd のメモリを直接増やすことができます。, localcli --plugin-dir /usr/lib/vmware/esxcli/int/ sched group setmemconfig --group-path host/vim/vmvisor/hostd --units mb --min 2048 --max 2048, これにより、hostd が、環境内の仮想マシン用に通常予約されているメモリを使用することに注意してください。このため、ESXi ホストがサポートできる仮想マシンの数が減少する可能性があります。, 仮想マシンでネットワークの予約が設定されている場合、DRS は、指定された要件を満たすホストにのみ仮想マシンを移行することを想定しています。NSX トランスポート ノードがあるクラスタでは、一部のトランスポート ノードが NSX-T 分散仮想スイッチ (N-VDS) によりトランスポート ゾーンに参加し、その他のトランスポート ノードが vSphere 分散スイッチ (VDS) 7.0 によりトランスポート ゾーンに参加すると、DRS が誤って vMotion を起動することがあります。この問題は、次の場合に発生することがあります。, 回避策:すべてのトランスポート ノードを N-VDS または同じ VDS 7.0 インスタンスによってトランスポート ゾーンに参加させます。, QLogic 4x10GE QL41164HFCU CNA を使用している場合、物理ネットワーク アダプタの [設定の編集] ダイアログに移動して SR-IOV を有効にしようとすると、操作が失敗することがあります。SR-IOV を有効にしようとすると、ESXi ホストのネットワークが停止する可能性があります。, 回避策:SR-IOV を有効にするには、ESXi ホストで次のコマンドを使用します。, vSphere 7.0 では、vSphere VDS 上で NSX-T ネットワークを DRS クラスタと併用している際に、ホストが同一の VDS または NVDS による NSX トランスポート ゾーンに参加していない場合、vCenter Server に障害が発生することがあります。, 回避策:DRS クラスタ内のホストが、同一の VDS または NVDS を使用する NSX トランスポート ゾーンに参加するようにします。, エクスパンダなしの SmartPQI コントローラを使用する HPE Gen10 サーバの SATA ディスクが、ホット リムーブされてから同じマシンの別のディスク ベイにホット インサートされる場合、または複数のディスクがホット リムーブされてから別の順序でホット インサートされる場合、ディスクに新しいローカル名が割り当てられることがあります。そのディスク上の VMFS データストアはスナップショットとして表示され、デバイス名が変更されたため、自動的にマウントし直されることはありません。, 回避策:なし。SmartPQI コントローラでは、順序なしのホット リムーブおよびホット インサート操作はサポートされていません。, 場合によっては、リンクの問題やコントローラの状態が原因で、NVMeOF デバイスへのすべてのアクティブ パスで I/O エラーが登録されることがあります。いずれかのパスのステータスが [Dead] に変わった場合、高パフォーマンス プラグイン (HPP) では、大量のエラーが表示されている別のパスは選択されないことがあります。そのため、I/O が失敗します。, 回避策:構成オプション /Misc/HppManageDegradedPaths を無効にして、I/O のブロックを解除します。, VOMA チェックは NVMe ベースの VMFS データストアではサポートされておらず、次のエラーが表示されて失敗します。, 回避策:なし。VMFS メタデータを分析する必要がある場合は、-l オプションを使用して収集し、VMware ユーザー サポートに渡します。ダンプを収集するためのコマンドは、次のとおりです。, FCD と仮想マシンが異なる暗号化キーで暗号化されている場合、仮想マシンの再構成 API を使用して、暗号化された FCD を暗号化された仮想マシンに接続しようとすると、次のエラー メッセージが表示されて失敗することがあります。, 回避策:仮想マシンの再構成 API ではなく、attachDisk API を使用して、暗号化された FCD を暗号化された仮想マシンに接続します。, この問題は、スパンされた VMFS データストアの非ヘッド エクステントがヘッド エクステントとともに失敗した場合には発生しません。この場合、データストア全体にアクセスできなくなり、I/O が許可されなくなります。, これに対して、非ヘッド エクステントは失敗しても、ヘッド エクステントがアクセス可能である場合、データストアのハートビートは正常であると表示されます。また、ホストとデータストア間の I/O も継続されます。ただし、失敗した非ヘッド エクステントに依存するすべての I/O は失敗し始めます。失敗した I/O の解決を待つ間に、他の I/O トランザクションが蓄積され、ホストが応答していない状態になります。, 回避策:この問題を解決するには、非ヘッド エクステントの PDL 条件を修正します。, この問題は、クラスタ化された仮想ディスクのサポートが有効になっているデータストアでのみ発生します。データストアが All Paths Down (APD) または Permanent Device Loss (PDL) 状態からリカバリすると、そのデータストアはアクセスできないままになります。VMkernel ログには、次のような複数の SCSI3 予約競合メッセージが表示されることがあります。, 2020-02-18T07:41:10.273Z cpu22:1001391219)ScsiDeviceIO: vm 1001391219: SCSIDeviceCmdCompleteCB:2972: 予約競合の再試行 544:コマンド 0x45ba814b8340 (op: 0x89):デバイス "naa.

nvme_pcie ドライバによって生成されたデバイス アドレス間の不一致が原因で発生します。, SNMP ファイアウォール ルールセットは動的な状態で、ランタイム時に処理されます。ホスト プロファイルが適用されると、ルールセットの構成はホスト プロファイルと SNMP によって同時に管理され、ファイアウォールの設定が予期せずに変更されることがあります。, nmlx4-core、nmlx4-rdma、および nmlx4 の VIB をアップデートします。, lsuv2-intelv2-nvme-vmd-plugin VIB をアップデートします。, nmlx5-rdma および nmlx5-core の VIB をアップデートします。, lsuv2-lsiv2-drivers-plugin​VIB をアップデートします。, vmware-esx-esxcli-nvme-plugin​VIB をアップデートします。, qcnic、qfle3f、qfle3i、および qfle3 VIB をアップデートします。, ESXi ホスト上の I/O デバイスで合計 512 個の異なる割り込みソースが提供されている場合、一部のソースに対して、最大値より大きい値を持つ AMD IOMMU の割り込み再マッピング テーブル エントリ (IRTE) インデックスが誤って割り当てられます。このようなソースからの割り込みは失われるため、対応する I/O デバイスは割り込みが無効であるかのように動作します。, 回避策:ESXCLI コマンド esxcli system settings kernel set -s iovDisableIR -v true を使用して、AMD IOMMU 割り込み再マッピングを無効にします。ESXi ホストを再起動して、コマンドの結果を反映します。, 複数の ESXi ホストを含む環境でファイアウォール構成を自動化し、フィルタを破棄してファイアウォール モジュールをアンロードする ESXCLI コマンド esxcli network firewall unload を実行すると、hostd サービスが失敗し、ESXi ホストの接続が失われます。, 回避策:どのような状況でも、ファイアウォール モジュールのアンロードは推奨されません。ファイアウォール モジュールをアンロードする必要がある場合は、次の手順を実行します。, 少なくとも 1 つのスナップショットがあり、異なるストレージ ポリシーが設定された複数の仮想ディスクを持つ仮想マシンに vSphere Storage vMotion を使用して vSAN データストアに移行すると、失敗することがあります。この問題は、SOAP (Simple Object Access Protocol) の本文が匿名のサイズ制限を超えているために発生する NFC マネージャの未認証セッションが原因で発生します。, 回避策:最初に、仮想マシン ホーム名前空間といずれかの仮想ディスクを移行します。処理が完了したら、残りの 2 つのディスクについて、ディスクのみの移行を実行します。, ESXi ホストの再起動中にデバイス検出ルーチンがタイムアウトになると、ジャンプスタート プラグインは、ホスト上のすべての登録済みデバイスからデバイスとストレージの構成変更の一部を受信しない場合があります。その結果、再起動後に一部のデバイスまたはストレージのプロパティがデフォルト値にリストアされることがあります。, 回避策:影響を受けるデバイスまたはストレージのプロパティの変更を手動でリストアします。, ESXi 7.0 のベータ ビルドを使用している場合に、ドライバのアンロードや、ENS モードとネイティブ ドライバ モードの切り替えなど、一部のライフサイクルの操作中に ESXi ホストで障害が発生し、パープル スクリーンが表示されることがあります。たとえば、ENS モードを変更すると、バックトレースに次のようなエラー メッセージが表示されます。case ENS::INTERRUPT::NoVM_DeviceStateWithGracefulRemove hit BlueScreen: ASSERT bora/vmkernel/main/dlmalloc.c:2733 これはベータ ビルドに固有の問題で、ESXi 7.0 などのリリース ビルドには影響しません。, ESXi ホスト上の VMFS データストアが NVMe over Fabrics の名前空間またはデバイスによってバッキングされている場合に、APD (All Paths Down) または PDL (Permanent Device Loss) の障害が発生すると、リカバリ後もデータストアにアクセスできないことがあります。ESXi ホストと vCenter Server システムのどちらからもデータストアにアクセスできません。, 回避策:この状態からリカバリするには、ホストまたはクラスタ レベルで再スキャンを実行します。詳細については、「ストレージの再スキャンの実行」を参照してください。, AMD SEV-ES が有効な仮想マシンで、VMCI を必要とする機能のパフォーマンスや機能が影響を受ける場合があります。これは、仮想マシンが VMCI ソケットを作成できないためです。, Emulex および Qlogic ホスト バス アダプタ (HBA) を使用する ESXi ホストでは、vSphere Auto Deploy を使用してホストを PXE ブートすると、ネットワーク エラーが原因で失敗することがあります。一部の Emulex アダプタでは、PXE ブート コンソールに次のようなメッセージが表示されます。Could not open net0: Input/output error http://ipxe.org/1d6a4a98' Network error encountered while PXE booting. nmlx5_core または 4) VMware vSphere ESXi 6.0 を再起動します。 以下はVMware vSphere Client を使用する場合の手順です。 5) 再起動後、以下のコマンドにより、インストール状態を確認できます。 > esxcli --server --username <ユーザ名> --password <パスワード> software vib list ESXiの初期設定で行うのがNTPの時刻同期の設定です。ESXi6.5ではvSphere Host Clientで設定することになるかと思います。記事投稿時の一番新しいバージョンはESXi6.7です。, https://kb.vmware.com/selfservice/microsites/search.do?language=en_US&cmd=displayKC&externalId=1033653, 1 vSphere Client を起動します。2 [構成] > [時間の構成] > [プロパティ] に移動します。3 正確な時刻と日付を入力します。4 [オプション] をクリックします。5 [サービス コマンド] ボックスで [再起動] をクリックします。, vSphere Web Client から時刻を設定するには、次の手順を実行します。, 1 vSphere Web Client にログインします。デフォルトの URL は、https://vCenter_Server_FQDN:9443/vsphere-client です。2 [ホーム] 画面から [ホストおよびクラスタ] に移動します。3 ESXi ホストを選択し、[管理] タブをクリックし、[システム] の [設定] ボタンをクリックし、[時間の構成] をクリックします4 [編集] をクリックし、[このホストの日付および時刻を手動で構成します] ラジオ ボタンを選択し、正確な時刻と日付を入力します5 [OK] をクリックします, そして、実際に同期されているか確認したい場合は、ESXiにssh接続をして、以下のコマンドを実行します。, 時刻同期されるまで少し時間がかかる場合があります。DNSによる時刻同期ができている場合は、NTPサーバが名前で表示されることがあります。vSphere6.7の場合は、HTML5で変更することも可能です。, merrywhiteさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog ESXi ホストの再起動またはシャットダウン vSphere Client を使用して ESXi ホストをパワーオフまたは再起動できます。 管理対象ホストをパワーオフすると vCenter Server との接続が切断されますが、インベントリから削除されるわけではありません。

実習先 挨拶 電話 37, エール 子役 白鳥玉季 4, イジメ 復讐 話 18, Vg245h Vg245he 違い 32, ホシザキ ビールサーバー 冷えない 6, ヘインズ 博多阪急 店 9, 落合博満 三冠王 なんj 5, 牛肉 炊き込みご飯 リュウジ 4, センター 生物基礎 満点 4, 投資 分析 エクセル 4, マスキングテープ 塗装 溶ける 9, Ambie Bluetooth 接続できない 4, ゆるキャン 温泉 ドラマ 4, スイッチ アミーボ 読み込まない 13, F56 コーディング Diy 27, ひらがな 推し 動画 集積 回路 12, 連立方程式 列車 すれ違い 9, Gsuite Youtube 限定公開 7, 近況報告 メール 件名 40, ミスシャーロック 衣装 ワンピース 17, ジモティー 直接連絡先が含まれ てい ます 見れ ない 6, " /> , ハードウェア バージョン 15 以降を使用している場合、Virtual NVMe コントローラが以下のゲスト OS のデフォルトのディスク コントローラになります。, Windows 10Windows Server 2016Windows Server 2019, Virtual NVMe コントローラを使用している場合、一部の機能が使用できないことがあります。詳細については、https://kb.vmware.com/s/article/2147714 を参照してください, 注:一部のクライアントでは、以前のデフォルトの LSI Logic SAS が使用されます。これには、ESXi Host Client と PowerCLI が含まれます。, 回避策:Virtual NVMe で使用できない機能が必要な場合は、VMware 準仮想化 SCSI (PVSCSI) または LSI Logic SAS に切り替えます。VMware 準仮想化 SCSI (PVSCSI) の使用方法については、https://kb.vmware.com/s/article/1010398 を参照してください, 要求ルールは、NMP、HPP などのマルチパス プラグインが特定のストレージ デバイスへのパスを所有するかどうかを判定します。ESXi 7.0 は、要求ルールの重複をサポートしていません。ただし、レガシー リリースからのアップグレードによって継承された既存の要求ルールに重複したルールを追加しても、ESXi 7.0 ホストはアラートを表示しません。重複したルールを使用すると、ストレージ デバイスが意図しないプラグインによって要求され、予期しない結果が発生する可能性があります。, 回避策:重複したコア要求ルールは使用しないでください。新しい要求ルールを追加する前に、一致する既存の要求ルールをすべて削除してください。, CNS QueryVolume API を使用すると、ボリュームの健全性やコンプライアンスの状態など、CNS ボリュームに関する情報を取得できます。個々のボリュームのコンプライアンスの状態を確認すると、結果が迅速に取得されます。ただし、複数(数十、または数百)のボリュームのコンプライアンスの状態をチェックするために CNS QueryVolume API を呼び出すと、クエリの実行速度が低下することがあります。, 回避策:一括クエリを使わないようにします。コンプライアンスの状態を取得する必要がある場合は、一度に 1 つのボリュームに対するクエリを実行するか、クエリ API のボリュームの数を 20 以下に制限します。クエリを使用している間は、最高のパフォーマンスを得るために、他の CNS 操作を実行しないようにします。, CNS ボリュームをバッキングする FCD ディスクを削除した後も、そのボリュームが CNS ユーザー インターフェイスに既存のボリュームとして表示される場合があります。ボリュームを削除しようとすると、失敗します。次のようなエラー メッセージが表示されることがあります。参照するオブジェクトまたはアイテムを検出できませんでした。, 回避策:次回の完全同期で不整合が解決され、CNS ユーザー インターフェイスが正常に更新されます。, 複数のボリュームを同じポッドに同時に接続しようとすると、接続操作中に同じコントローラ スロットが選択されることがあります。その結果、1 つの操作のみが成功し、それ以外のボリュームのマウントは失敗します。, 回避策:Kubernetes が失敗した操作を再試行した後、ノードの仮想マシンでコントローラ スロットが使用可能な場合、操作は成功します。, この問題は、非準拠のストレージ ポリシーを使用して CNS ボリュームを作成する場合などに発生することがあります。操作は失敗しますが、vSphere Client ではタスクのステータスが「成功」と表示されます。, 回避策:vSphere Client でタスクのステータスが成功になっていても、CNS 操作が成功したとは限りません。操作が正常に完了したことを確認するには、結果を確認してください。, この問題は、CNS の削除 API でポッドに接続されているパーシステント ボリュームを削除する際に発生することがあります。たとえば、ポッドが実行されている Kubernetes 名前空間を削除する際に発生することがあります。その結果、ボリュームは CNS から消去され、CNS のクエリ操作でボリュームが返らなくなります。しかし、ボリュームはデータストア上に配置され続け、CNS 削除 API 操作を繰り返しても削除することはできません。, vCenter IP アドレスを変更すると(PNID の変更)、登録されているベンダー プロバイダがオフラインになります。, vCenter Server をまたがった vMotion を使用して、仮想マシンのストレージとホストを別の vCenter Server インスタンスに移動するときに、「現在の状態ではその操作を実行できません」というエラーが表示されることがあります。, このエラーは、暗号化やその他の I/O フィルタ ルールなどのホスト ベースのルールを含むストレージ ポリシーが仮想マシンに割り当てられている場合に、ユーザー インターフェイス ウィザードで、ホストの選択手順の後、データストアの選択手順の前に表示されます。, 回避策:ホスト ベースのルールを持たないストレージ ポリシーに、仮想マシンとそのディスクを割り当てます。ソース仮想マシンが暗号化されている場合は、仮想マシンの復号化が必要になる場合があります。次に、vCenter Server をまたがった vMotion アクションを再試行します。, vCenter Server ユーザー インターフェイスで [ホスト] > [監視] > [ハードウェア健全性] > [ストレージ センサー] の順に移動すると、ストレージ情報として正しくない値または不明な値が表示されます。同じ問題が、ホスト ユーザー インターフェイスと MOB パス runtime.hardwareStatusInfo.storageStatusInfo でも発生します。, vSphere ユーザー インターフェイスのホストの高度な設定で、現在のプロダクト ロッカーの場所が空として表示されます(デフォルトでは空)。これは、実際のプロダクトの場所 symlink が作成され、有効であることと一貫していません。これにより、ユーザーに混乱が生じます。デフォルトは、ユーザー インターフェイスからは修正できません。, 回避策:ユーザーは、ホストで esxcli コマンドを使用して、現在のプロダクト ロッカーの場所のデフォルトを次のように修正できます。, 1.既存のプロダクト ロッカーの場所の設定を次のように削除します:esxcli system settings advanced remove -o ProductLockerLocation, 2.a. 影響を受ける Qlogic HBA アダプタは、HP Ethernet 10Gb 2-port 530T です。, ESXi 7.0 または 7.0 b を実行しているホストに、ESXi 7.0 Update 1 に適用されるドライバをインストールすることはできません。次のようなエラーが発生して、操作は失敗します。VMW_bootbank_qedrntv_3.40.4.0-12vmw.701.0.0.xxxxxxx requires vmkapi_2_7_0_0, but the requirement cannot be satisfied within the ImageProfile.​詳細についてはログ ファイルを参照してください。, 回避策:ESXi ホストを 7.0 Update 1 にアップデートします。ドライバのインストールを再試行します。, Security Token Service (STS) 証明書に Subject Alternative Name (SAN) フィールドが含まれていない場合、vCenter Server のアップグレード/移行の事前チェックは失敗します。この状況は、vCenter 5.5 Single Sign-On 証明書を SAN フィールドのないカスタム証明書に置き換えてから、vCenter Server 7.0 にアップグレードしようとした場合に発生します。アップグレード プロセスによって STS 証明書が無効であると判断され、事前チェックによってアップグレード プロセスが続行されなくなります。, 回避策:STS 証明書を、SAN フィールドを含む有効な証明書に置き換えてから、vCenter Server 7.0 のアップグレードまたは移行を続行します。, アップグレード後、ESXi には 64 ビットの CIM プロバイダが必要であるため、以前にインストールした 32 ビットの CIM プロバイダは動作を停止します。CIMPDK、NDDK(ネイティブ DDK)、HEXDK、VAIODK(I/O フィルタ)に関連する管理 API 関数が失われ、uwglibc 依存関係に関連するエラーが表示されることがあります。Syslog では、モジュールが見つからないため、「32 ビットの共有ライブラリがロードされていません」とレポートされます。, 回避策:対処法はありません。修正するには、新しい 64 ビットの CIM プロバイダをベンダーからダウンロードします。, スマート カードまたは RSA SecurID 認証用に vCenter Server を構成した場合は、vSphere 7.0 アップグレード プロセスを開始する前に、https://kb.vmware.com/s/article/78057 の VMware ナレッジベースの記事を参照してください。ナレッジベースに記載されている回避策を実行しないと、次のエラー メッセージが表示される場合があり、スマート カードまたは RSA SecurID 認証が機能しません。, 「スマート カード認証が機能しなくなることがあります。スマート カードの設定が保存されず、スマート カード認証が機能しなくなることがあります。」, 「RSA SecurID 認証が機能しなくなることがあります。RSA SecurID の設定が保持されず、RSA SecurID 認証が機能しなくなることがあります。」, 回避策:vSphere 7.0 にアップグレードする前に、https://kb.vmware.com/s/article/78057 の VMware ナレッジベースの記事を参照してください。, 外部 Platform Services Controller を使用する vCenter Server デプロイをアップグレードする場合は、Platform Services Controller を vCenter Server Appliance に統合します。エラー install.vmafd.vmdir_vdcpromo_error_21 でアップグレードが失敗する場合、VMAFD の firstboot プロセスが失敗しています。VMAFD の firstboot プロセスは、ソース Platform Services Controller および複製パートナー vCenter Server Appliance から、VMware Directory Service データベース (data.mdb) をコピーします。, 回避策:外部 Platform Services Controller を持つ vCenter Server をアップグレードする前に、ソース Platform Services Controller または複製パートナー vCenter Server Appliance のイーサネット アダプタ上で TCP セグメンテーション オフロード (TSO) およびジェネリック セグメンテーション オフロード (GSO) を無効にします。ナレッジベースの記事 (https://kb.vmware.com/s/article/74678) を参照してください, vSphere Authentication Proxy サービス (vmcam) が、デフォルトの TLS 1.2 プロトコル以外の特定の TLS プロトコルを使用するように構成されている場合は、この構成が CLI のアップグレード プロセスで保持されます。vSphere は、デフォルトで、TLS 1.2 暗号化プロトコルをサポートしています。TLS 1.2 をサポートしていない製品またはサービスをサポートするために TLS 1.0 および TLS 1.1 プロトコルを使用する必要がある場合は、TLS 構成ユーティリティを使用して、複数の TLS プロトコルのバージョンを有効または無効にすることができます。, 回避策:TLS 構成ユーティリティを使用して、vmcam ポートを構成します。TLS プロトコル構成を管理する方法や、TLS 構成ユーティリティを使用する方法については、『VMware セキュリティ』ドキュメントを参照してください。, vCenter Server 7.0 へのアップグレード後は、RSA SecurID を使用した認証が機能しません。RSA SecurID ログインを使用してログインしようとすると、この問題についてのエラー メッセージが表示されます。, vCenter Server for Windows を vCenter Server Appliance 7.0 に移行すると、「IP がネットワークにすでに存在します」というエラー メッセージが表示され、失敗します。これにより、移行プロセスで新しい vCenter Server Appliance のネットワーク パラメータを構成できなくなります。詳細については、次のログ ファイルを確認してください。/var/log/vmware/upgrade/UpgradeRunner.log, vSphere 7.0 では、仮想インフラストラクチャ管理 (VIM) API を使用して(たとえば vSphere Client を通じて)、SR-IOV デバイスの仮想関数の数を構成できます。このタスクでは ESXi ホストを再起動する必要はありません。VIM API 構成を使用した後に、max_vfs モジュール パラメータを使用して SR-IOV 仮想関数の数を構成しようとすると、VIM API の構成によってオーバーライドされるため、変更が反映されないことがあります。, 回避策:なし。SR-IOV デバイスの仮想関数の数を構成するには、毎回同じ方法を使用します。VIM API を使用するか、max_vfs モジュール パラメータを使用して ESXi ホストを再起動します。, メジャー アップグレードで、vCenter Server Appliance のソース インスタンスが VCHA NIC 以外の複数のセカンダリ ネットワークで構成されている場合、ターゲット vCenter Server インスタンスでは VCHA NIC 以外のセカンダリ ネットワークが保持されません。ソース インスタンスが、DVS ポート グループの一部である複数の NIC で構成されている場合、アップグレードで NIC 構成は保持されません。標準ポート グループの一部である vCenter Server Appliance インスタンスの構成は保持されます。, 回避策:なし。ターゲット vCenter Server Appliance インスタンスのセカンダリ ネットワークを手動で構成します。, 外部 Platform Services Controller を持つ vCenter Server をアップグレードまたは移行した後に、新しくアップグレードされた vCenter Server が Active Directory ドメインに参加していない場合、Active Directory を使用して認証を行うユーザーは vCenter Server インスタンスにアクセスできなくなります。, 回避策:新しい vCenter Server インスタンスが Active Directory ドメインに参加していることを確認します。ナレッジベースの記事 (https://kb.vmware.com/s/article/2118543) を参照してください, Oracle のイベントおよびタスク テーブルに ASCII 以外の文字列が含まれていると、イベントおよびタスク データをエクスポートするときに移行が失敗することがあります。次のエラー メッセージが表示されます。UnicodeDecodeError, この不整合は、ESXi 7.0 で要求ルールの重複が許可されていないにもかかわらず、使用中のプロファイルに重複するルールが含まれていることが原因で発生することがあります。たとえば、ESXi 6.5 または ESXi 6.7 からバージョン 7.0 にアップグレードする前にホストから抽出したホスト プロファイルを使用しており、ホスト プロファイルにシステムのデフォルト ルールで重複した要求ルールが含まれている場合、問題が発生することがあります。, vCenter Server 7.0 へのインストールまたはアップグレード後、vCenter Server 管理インターフェイス内の [アップデート] パネルに移動すると、「URL を確認して、やり直してください」というエラー メッセージが表示されます。このエラー メッセージが表示されても [アップデート] パネル内の機能は使用できるため、利用可能なアップデートの表示、ステージング、インストールは可能です。, VMware® vSphere Trust Authority™ で、信頼済みクラスタ上で HA を有効にしていて、クラスタ内の 1 つ以上のホストで証明が失敗した場合、暗号化された仮想マシンはパワーオンできません。, 回避策:信頼済みクラスタからの証明に失敗したすべてのホストを削除するか、修正します。, VMware® vSphere Trust Authority™ で、信頼されたクラスタで DRS を有効にしていて、クラスタ内の 1 つ以上のホストで証明が失敗した場合、DRS はクラスタ内の証明されていないホストで暗号化された仮想マシンをパワーオンしようとすることがあります。この操作により、仮想マシンがロックされた状態になります。, vSphere Client を使用して vCenter Server インスタンス間で暗号化された仮想マシンを移行またはクローン作成しようとすると、次のエラー メッセージが表示されて操作が失敗します。「現在の状態ではその操作を実行できません。」, 回避策:vCenter Server インスタンス間で、暗号化された仮想マシンを移行またはクローン作成するには、vSphere API を使用する必要があります。, Intel 82599EB/X540/X550 シリーズの NIC のネットワーク パフォーマンスを向上させるために、新しいキュー ペア機能が ixgben ドライバに追加されたことで、vSphere 7.0 の一部のワークロードでは、vSphere 6.7 と比較してスループットが低下することがあります。, 回避策:vSphere 6.7 と同じネットワーク パフォーマンスを実現するために、モジュール パラメータを使用してキュー ペアを無効にすることができます。キュー ペアを無効にするには、次のコマンドを実行します。, # esxcli system module parameters set -p "QPair=0,0,0,0..."-m ixgben, 高ネットワーク スループットを必要とする仮想マシンでは、NetIOC を有効にして vSphere 6.7 から vSphere 7.0 にアップグレードすると、スループットが低下することがあります。, 回避策:複数のワールドを有効にするように、ethernetx.ctxPerDev 設定を調整します。, あるポート グループから別のポート グループに VMkernel ポートを移行する場合、IPv6 トラフィックは IPsec を使用する VMkernel ポートを通過しません。, 回避策:影響を受けるサーバから IPsec Security Association (SA) を削除してから、SA を再適用します。IPsec SA を設定および削除する方法については、『vSphere セキュリティ』ドキュメントを参照してください。, ESX ネットワーク パフォーマンスの向上に伴って、CPU 使用率が部分的に増加する場合があります。, 回避策:ネットワーク インターフェイスを削除し、1 つの rx ディスパッチ キューのみを持つようにして追加します。例:, esxcli network ip interface remove --interface-name=vmk1, esxcli network ip interface add --interface-name=vmk1 --num-rxqueue=1, ホット アド、ホット リムーブ、または Storage vMotion の後で、仮想マシンがイーサネット トラフィックの受信を停止することがあります。この問題は、vNIC のアップリンクで SR-IOV が有効になっている仮想マシンに影響します。PVRDMA 仮想 NIC では、仮想ネットワークのアップリンクが Mellanox RDMA 対応の NIC であり、RDMA の名前空間が構成されている場合に、この問題が発生します。, 回避策:仮想マシンの、影響を受けるイーサネット NIC をホット リムーブしてホット アドすると、トラフィックをリストアできます。Linux ゲスト OS では、ネットワークを再起動すると問題が解決する場合もあります。これらの回避策の効果がない場合は、仮想マシンを再起動してネットワーク接続を復旧できます。, DDNS の導入により、DNS レコードの更新は、DHCP で構成されたネットワークを使用してデプロイされた VCSA でのみ機能します。VAMI を通じて vCenter Server の IP アドレスを変更すると、次のエラーが表示されます。, eth0 の IP アドレスを変更するには、オプション 6 を使用します。変更が完了したら、次のスクリプトを実行します。, VCSA 上のすべてのサービスを再起動して、DNS サーバの IP アドレス情報を更新します。, 論理スイッチの数が増えると、NSX Manager で対応する論理スイッチを削除した後、vCenter Server の NSX DVPG が削除されるまでに、より長い時間がかかる場合があります。12,000 個の論理スイッチがある環境では、NSX DVPG が vCenter Server から削除されるまでに約 10 秒かかります。, vSphere 7.0 では、NSX 分散仮想ポート グループは不透明ネットワークよりも非常に多くのメモリを使用します。このため、NSX 分散仮想ポート グループは、同じ量のメモリで不透明ネットワークと同じスケールをサポートできません。, 回避策:NSX 分散仮想ポート グループの使用をサポートするには、ESXi ホストのメモリ量を増やします。システムに仮想マシンをサポートするのに十分なメモリがあることを確認した場合、次のコマンドを使用して、hostd のメモリを直接増やすことができます。, localcli --plugin-dir /usr/lib/vmware/esxcli/int/ sched group setmemconfig --group-path host/vim/vmvisor/hostd --units mb --min 2048 --max 2048, これにより、hostd が、環境内の仮想マシン用に通常予約されているメモリを使用することに注意してください。このため、ESXi ホストがサポートできる仮想マシンの数が減少する可能性があります。, 仮想マシンでネットワークの予約が設定されている場合、DRS は、指定された要件を満たすホストにのみ仮想マシンを移行することを想定しています。NSX トランスポート ノードがあるクラスタでは、一部のトランスポート ノードが NSX-T 分散仮想スイッチ (N-VDS) によりトランスポート ゾーンに参加し、その他のトランスポート ノードが vSphere 分散スイッチ (VDS) 7.0 によりトランスポート ゾーンに参加すると、DRS が誤って vMotion を起動することがあります。この問題は、次の場合に発生することがあります。, 回避策:すべてのトランスポート ノードを N-VDS または同じ VDS 7.0 インスタンスによってトランスポート ゾーンに参加させます。, QLogic 4x10GE QL41164HFCU CNA を使用している場合、物理ネットワーク アダプタの [設定の編集] ダイアログに移動して SR-IOV を有効にしようとすると、操作が失敗することがあります。SR-IOV を有効にしようとすると、ESXi ホストのネットワークが停止する可能性があります。, 回避策:SR-IOV を有効にするには、ESXi ホストで次のコマンドを使用します。, vSphere 7.0 では、vSphere VDS 上で NSX-T ネットワークを DRS クラスタと併用している際に、ホストが同一の VDS または NVDS による NSX トランスポート ゾーンに参加していない場合、vCenter Server に障害が発生することがあります。, 回避策:DRS クラスタ内のホストが、同一の VDS または NVDS を使用する NSX トランスポート ゾーンに参加するようにします。, エクスパンダなしの SmartPQI コントローラを使用する HPE Gen10 サーバの SATA ディスクが、ホット リムーブされてから同じマシンの別のディスク ベイにホット インサートされる場合、または複数のディスクがホット リムーブされてから別の順序でホット インサートされる場合、ディスクに新しいローカル名が割り当てられることがあります。そのディスク上の VMFS データストアはスナップショットとして表示され、デバイス名が変更されたため、自動的にマウントし直されることはありません。, 回避策:なし。SmartPQI コントローラでは、順序なしのホット リムーブおよびホット インサート操作はサポートされていません。, 場合によっては、リンクの問題やコントローラの状態が原因で、NVMeOF デバイスへのすべてのアクティブ パスで I/O エラーが登録されることがあります。いずれかのパスのステータスが [Dead] に変わった場合、高パフォーマンス プラグイン (HPP) では、大量のエラーが表示されている別のパスは選択されないことがあります。そのため、I/O が失敗します。, 回避策:構成オプション /Misc/HppManageDegradedPaths を無効にして、I/O のブロックを解除します。, VOMA チェックは NVMe ベースの VMFS データストアではサポートされておらず、次のエラーが表示されて失敗します。, 回避策:なし。VMFS メタデータを分析する必要がある場合は、-l オプションを使用して収集し、VMware ユーザー サポートに渡します。ダンプを収集するためのコマンドは、次のとおりです。, FCD と仮想マシンが異なる暗号化キーで暗号化されている場合、仮想マシンの再構成 API を使用して、暗号化された FCD を暗号化された仮想マシンに接続しようとすると、次のエラー メッセージが表示されて失敗することがあります。, 回避策:仮想マシンの再構成 API ではなく、attachDisk API を使用して、暗号化された FCD を暗号化された仮想マシンに接続します。, この問題は、スパンされた VMFS データストアの非ヘッド エクステントがヘッド エクステントとともに失敗した場合には発生しません。この場合、データストア全体にアクセスできなくなり、I/O が許可されなくなります。, これに対して、非ヘッド エクステントは失敗しても、ヘッド エクステントがアクセス可能である場合、データストアのハートビートは正常であると表示されます。また、ホストとデータストア間の I/O も継続されます。ただし、失敗した非ヘッド エクステントに依存するすべての I/O は失敗し始めます。失敗した I/O の解決を待つ間に、他の I/O トランザクションが蓄積され、ホストが応答していない状態になります。, 回避策:この問題を解決するには、非ヘッド エクステントの PDL 条件を修正します。, この問題は、クラスタ化された仮想ディスクのサポートが有効になっているデータストアでのみ発生します。データストアが All Paths Down (APD) または Permanent Device Loss (PDL) 状態からリカバリすると、そのデータストアはアクセスできないままになります。VMkernel ログには、次のような複数の SCSI3 予約競合メッセージが表示されることがあります。, 2020-02-18T07:41:10.273Z cpu22:1001391219)ScsiDeviceIO: vm 1001391219: SCSIDeviceCmdCompleteCB:2972: 予約競合の再試行 544:コマンド 0x45ba814b8340 (op: 0x89):デバイス "naa.

nvme_pcie ドライバによって生成されたデバイス アドレス間の不一致が原因で発生します。, SNMP ファイアウォール ルールセットは動的な状態で、ランタイム時に処理されます。ホスト プロファイルが適用されると、ルールセットの構成はホスト プロファイルと SNMP によって同時に管理され、ファイアウォールの設定が予期せずに変更されることがあります。, nmlx4-core、nmlx4-rdma、および nmlx4 の VIB をアップデートします。, lsuv2-intelv2-nvme-vmd-plugin VIB をアップデートします。, nmlx5-rdma および nmlx5-core の VIB をアップデートします。, lsuv2-lsiv2-drivers-plugin​VIB をアップデートします。, vmware-esx-esxcli-nvme-plugin​VIB をアップデートします。, qcnic、qfle3f、qfle3i、および qfle3 VIB をアップデートします。, ESXi ホスト上の I/O デバイスで合計 512 個の異なる割り込みソースが提供されている場合、一部のソースに対して、最大値より大きい値を持つ AMD IOMMU の割り込み再マッピング テーブル エントリ (IRTE) インデックスが誤って割り当てられます。このようなソースからの割り込みは失われるため、対応する I/O デバイスは割り込みが無効であるかのように動作します。, 回避策:ESXCLI コマンド esxcli system settings kernel set -s iovDisableIR -v true を使用して、AMD IOMMU 割り込み再マッピングを無効にします。ESXi ホストを再起動して、コマンドの結果を反映します。, 複数の ESXi ホストを含む環境でファイアウォール構成を自動化し、フィルタを破棄してファイアウォール モジュールをアンロードする ESXCLI コマンド esxcli network firewall unload を実行すると、hostd サービスが失敗し、ESXi ホストの接続が失われます。, 回避策:どのような状況でも、ファイアウォール モジュールのアンロードは推奨されません。ファイアウォール モジュールをアンロードする必要がある場合は、次の手順を実行します。, 少なくとも 1 つのスナップショットがあり、異なるストレージ ポリシーが設定された複数の仮想ディスクを持つ仮想マシンに vSphere Storage vMotion を使用して vSAN データストアに移行すると、失敗することがあります。この問題は、SOAP (Simple Object Access Protocol) の本文が匿名のサイズ制限を超えているために発生する NFC マネージャの未認証セッションが原因で発生します。, 回避策:最初に、仮想マシン ホーム名前空間といずれかの仮想ディスクを移行します。処理が完了したら、残りの 2 つのディスクについて、ディスクのみの移行を実行します。, ESXi ホストの再起動中にデバイス検出ルーチンがタイムアウトになると、ジャンプスタート プラグインは、ホスト上のすべての登録済みデバイスからデバイスとストレージの構成変更の一部を受信しない場合があります。その結果、再起動後に一部のデバイスまたはストレージのプロパティがデフォルト値にリストアされることがあります。, 回避策:影響を受けるデバイスまたはストレージのプロパティの変更を手動でリストアします。, ESXi 7.0 のベータ ビルドを使用している場合に、ドライバのアンロードや、ENS モードとネイティブ ドライバ モードの切り替えなど、一部のライフサイクルの操作中に ESXi ホストで障害が発生し、パープル スクリーンが表示されることがあります。たとえば、ENS モードを変更すると、バックトレースに次のようなエラー メッセージが表示されます。case ENS::INTERRUPT::NoVM_DeviceStateWithGracefulRemove hit BlueScreen: ASSERT bora/vmkernel/main/dlmalloc.c:2733 これはベータ ビルドに固有の問題で、ESXi 7.0 などのリリース ビルドには影響しません。, ESXi ホスト上の VMFS データストアが NVMe over Fabrics の名前空間またはデバイスによってバッキングされている場合に、APD (All Paths Down) または PDL (Permanent Device Loss) の障害が発生すると、リカバリ後もデータストアにアクセスできないことがあります。ESXi ホストと vCenter Server システムのどちらからもデータストアにアクセスできません。, 回避策:この状態からリカバリするには、ホストまたはクラスタ レベルで再スキャンを実行します。詳細については、「ストレージの再スキャンの実行」を参照してください。, AMD SEV-ES が有効な仮想マシンで、VMCI を必要とする機能のパフォーマンスや機能が影響を受ける場合があります。これは、仮想マシンが VMCI ソケットを作成できないためです。, Emulex および Qlogic ホスト バス アダプタ (HBA) を使用する ESXi ホストでは、vSphere Auto Deploy を使用してホストを PXE ブートすると、ネットワーク エラーが原因で失敗することがあります。一部の Emulex アダプタでは、PXE ブート コンソールに次のようなメッセージが表示されます。Could not open net0: Input/output error http://ipxe.org/1d6a4a98' Network error encountered while PXE booting. nmlx5_core または 4) VMware vSphere ESXi 6.0 を再起動します。 以下はVMware vSphere Client を使用する場合の手順です。 5) 再起動後、以下のコマンドにより、インストール状態を確認できます。 > esxcli --server --username <ユーザ名> --password <パスワード> software vib list ESXiの初期設定で行うのがNTPの時刻同期の設定です。ESXi6.5ではvSphere Host Clientで設定することになるかと思います。記事投稿時の一番新しいバージョンはESXi6.7です。, https://kb.vmware.com/selfservice/microsites/search.do?language=en_US&cmd=displayKC&externalId=1033653, 1 vSphere Client を起動します。2 [構成] > [時間の構成] > [プロパティ] に移動します。3 正確な時刻と日付を入力します。4 [オプション] をクリックします。5 [サービス コマンド] ボックスで [再起動] をクリックします。, vSphere Web Client から時刻を設定するには、次の手順を実行します。, 1 vSphere Web Client にログインします。デフォルトの URL は、https://vCenter_Server_FQDN:9443/vsphere-client です。2 [ホーム] 画面から [ホストおよびクラスタ] に移動します。3 ESXi ホストを選択し、[管理] タブをクリックし、[システム] の [設定] ボタンをクリックし、[時間の構成] をクリックします4 [編集] をクリックし、[このホストの日付および時刻を手動で構成します] ラジオ ボタンを選択し、正確な時刻と日付を入力します5 [OK] をクリックします, そして、実際に同期されているか確認したい場合は、ESXiにssh接続をして、以下のコマンドを実行します。, 時刻同期されるまで少し時間がかかる場合があります。DNSによる時刻同期ができている場合は、NTPサーバが名前で表示されることがあります。vSphere6.7の場合は、HTML5で変更することも可能です。, merrywhiteさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog ESXi ホストの再起動またはシャットダウン vSphere Client を使用して ESXi ホストをパワーオフまたは再起動できます。 管理対象ホストをパワーオフすると vCenter Server との接続が切断されますが、インベントリから削除されるわけではありません。

実習先 挨拶 電話 37, エール 子役 白鳥玉季 4, イジメ 復讐 話 18, Vg245h Vg245he 違い 32, ホシザキ ビールサーバー 冷えない 6, ヘインズ 博多阪急 店 9, 落合博満 三冠王 なんj 5, 牛肉 炊き込みご飯 リュウジ 4, センター 生物基礎 満点 4, 投資 分析 エクセル 4, マスキングテープ 塗装 溶ける 9, Ambie Bluetooth 接続できない 4, ゆるキャン 温泉 ドラマ 4, スイッチ アミーボ 読み込まない 13, F56 コーディング Diy 27, ひらがな 推し 動画 集積 回路 12, 連立方程式 列車 すれ違い 9, Gsuite Youtube 限定公開 7, 近況報告 メール 件名 40, ミスシャーロック 衣装 ワンピース 17, ジモティー 直接連絡先が含まれ てい ます 見れ ない 6, " />

esxi 再起動 コマンド 4

VMware ESXi へログインします。 ログイン情報. esxiホスト起動時に仮想マシンも自動起動.

ESXi ホストを再起動して、コマンドの結果を反映します。 その他の問題. If no image is found, the system will reboot in 20 seconds ……Could not boot.No such device (http://ipxe.org/2c048087), QLogic HBA を使用する ESXi ホストの場合、vSphere Auto Deploy を使用してホストを PXE ブートしても、毎回失敗するとはかぎりません。. ESX ホストで問題が発生すると、PXE ブート コンソールに次のようなメッセージが表示されます。Configuring (net0 f4:03:43:b4:88:d0)...... No configuration methods succeeded (http://ipxe.org/040ee186)Network error encountered while PXE booting. 概要ESXiホストへ管理のためにSSH接続を行いたい場合、デフォルトではSSH接続を行うことができません。本記事ではSSH接続を行うことが出来るように設定変更を行います。※本記事ではESXi 6.7環境で設定を行っています。VMware H

1.ESXi ホストへのログイン.

esxi6を自宅で利用しているのですが、使い終わったらシャットダウンさせています。 「サーバーは24時間、365日稼働」というIT業界の常識は妻には通用しませんから(笑), これまでも記事に書いてきたとおり、外から使うときはRaspberryPI2にSSH接続し、マジックパケットを投げて自宅のesxiホストを自動で起動させているのですが、esxiホストを起動する度に仮想マシンまで起動させるのは面倒です。 (面倒は極力省きたいw) Raspberrypi2でWakeOnLAN。外出先から家のパソコンを起動してアクセス。, なので、今回は「esxiホスト起動時に仮想マシンも自動起動させる」といった方法を書いておきたいと思います。, なお、仮想マシンの自動起動を設定すると、もれなく自動停止もセットでついてきますw が、仮想マシンの停止については手動で実施したほうが良いと考えます。, 自動起動させたい仮想マシンを持つesxiホストを選択し、[構成] – [仮想マシン起動/シャットダウン]を開きます。, 自動起動させたい仮想マシンを選択し、「上へ移動」ボタンを押下して「自動起動」まで移動させます。 (例では「nfs-sv」), これで「自動起動」に移動した仮想マシンはesxiホストが起動するタイミングで自動的に起動するように設定されます。, 対象の仮想マシンを選択した状態で「編集」をクリックして、個別にタイミングを指定することも出来ます。 デフォルトだとesxiホストが起動してから120秒後に起動のところを100秒に変更したり、自動停止時も同様にタイミング指定出来ます。 あと、シャットダウンアクションはデフォルトだと「パワーオフ」になっていますので、こちらは「ゲストシャットダウン」に変更しておきましょう。 ただし、「ゲストシャットダウン」はVMwareToolsが入っていることが前提なのであらかじめ導入しておいてくださいね。, Raspberrypi2経由でSSHポートフォワーディングを利用してvSphereClientを使用する, サラリーマン / ブロガー /『あいしんくいっと』運営。 624a9370b97601e346f64ba900024d53", この問題は、クラスタに参加している ESXi ホストがデータストアの SCSI 予約を失い、データストアの復旧後に常に自動的に再取得することができないために発生する可能性があります。, vmkfstools -L registerkey /vmfs/devices/disks/<デバイス名>, ハードウェア バージョン 15 以降を使用している場合、Virtual NVMe コントローラが以下のゲスト OS のデフォルトのディスク コントローラになります。, Windows 10Windows Server 2016Windows Server 2019, Virtual NVMe コントローラを使用している場合、一部の機能が使用できないことがあります。詳細については、https://kb.vmware.com/s/article/2147714 を参照してください, 注:一部のクライアントでは、以前のデフォルトの LSI Logic SAS が使用されます。これには、ESXi Host Client と PowerCLI が含まれます。, 回避策:Virtual NVMe で使用できない機能が必要な場合は、VMware 準仮想化 SCSI (PVSCSI) または LSI Logic SAS に切り替えます。VMware 準仮想化 SCSI (PVSCSI) の使用方法については、https://kb.vmware.com/s/article/1010398 を参照してください, 要求ルールは、NMP、HPP などのマルチパス プラグインが特定のストレージ デバイスへのパスを所有するかどうかを判定します。ESXi 7.0 は、要求ルールの重複をサポートしていません。ただし、レガシー リリースからのアップグレードによって継承された既存の要求ルールに重複したルールを追加しても、ESXi 7.0 ホストはアラートを表示しません。重複したルールを使用すると、ストレージ デバイスが意図しないプラグインによって要求され、予期しない結果が発生する可能性があります。, 回避策:重複したコア要求ルールは使用しないでください。新しい要求ルールを追加する前に、一致する既存の要求ルールをすべて削除してください。, CNS QueryVolume API を使用すると、ボリュームの健全性やコンプライアンスの状態など、CNS ボリュームに関する情報を取得できます。個々のボリュームのコンプライアンスの状態を確認すると、結果が迅速に取得されます。ただし、複数(数十、または数百)のボリュームのコンプライアンスの状態をチェックするために CNS QueryVolume API を呼び出すと、クエリの実行速度が低下することがあります。, 回避策:一括クエリを使わないようにします。コンプライアンスの状態を取得する必要がある場合は、一度に 1 つのボリュームに対するクエリを実行するか、クエリ API のボリュームの数を 20 以下に制限します。クエリを使用している間は、最高のパフォーマンスを得るために、他の CNS 操作を実行しないようにします。, CNS ボリュームをバッキングする FCD ディスクを削除した後も、そのボリュームが CNS ユーザー インターフェイスに既存のボリュームとして表示される場合があります。ボリュームを削除しようとすると、失敗します。次のようなエラー メッセージが表示されることがあります。参照するオブジェクトまたはアイテムを検出できませんでした。, 回避策:次回の完全同期で不整合が解決され、CNS ユーザー インターフェイスが正常に更新されます。, 複数のボリュームを同じポッドに同時に接続しようとすると、接続操作中に同じコントローラ スロットが選択されることがあります。その結果、1 つの操作のみが成功し、それ以外のボリュームのマウントは失敗します。, 回避策:Kubernetes が失敗した操作を再試行した後、ノードの仮想マシンでコントローラ スロットが使用可能な場合、操作は成功します。, この問題は、非準拠のストレージ ポリシーを使用して CNS ボリュームを作成する場合などに発生することがあります。操作は失敗しますが、vSphere Client ではタスクのステータスが「成功」と表示されます。, 回避策:vSphere Client でタスクのステータスが成功になっていても、CNS 操作が成功したとは限りません。操作が正常に完了したことを確認するには、結果を確認してください。, この問題は、CNS の削除 API でポッドに接続されているパーシステント ボリュームを削除する際に発生することがあります。たとえば、ポッドが実行されている Kubernetes 名前空間を削除する際に発生することがあります。その結果、ボリュームは CNS から消去され、CNS のクエリ操作でボリュームが返らなくなります。しかし、ボリュームはデータストア上に配置され続け、CNS 削除 API 操作を繰り返しても削除することはできません。, vCenter IP アドレスを変更すると(PNID の変更)、登録されているベンダー プロバイダがオフラインになります。, vCenter Server をまたがった vMotion を使用して、仮想マシンのストレージとホストを別の vCenter Server インスタンスに移動するときに、「現在の状態ではその操作を実行できません」というエラーが表示されることがあります。, このエラーは、暗号化やその他の I/O フィルタ ルールなどのホスト ベースのルールを含むストレージ ポリシーが仮想マシンに割り当てられている場合に、ユーザー インターフェイス ウィザードで、ホストの選択手順の後、データストアの選択手順の前に表示されます。, 回避策:ホスト ベースのルールを持たないストレージ ポリシーに、仮想マシンとそのディスクを割り当てます。ソース仮想マシンが暗号化されている場合は、仮想マシンの復号化が必要になる場合があります。次に、vCenter Server をまたがった vMotion アクションを再試行します。, vCenter Server ユーザー インターフェイスで [ホスト] > [監視] > [ハードウェア健全性] > [ストレージ センサー] の順に移動すると、ストレージ情報として正しくない値または不明な値が表示されます。同じ問題が、ホスト ユーザー インターフェイスと MOB パス runtime.hardwareStatusInfo.storageStatusInfo でも発生します。, vSphere ユーザー インターフェイスのホストの高度な設定で、現在のプロダクト ロッカーの場所が空として表示されます(デフォルトでは空)。これは、実際のプロダクトの場所 symlink が作成され、有効であることと一貫していません。これにより、ユーザーに混乱が生じます。デフォルトは、ユーザー インターフェイスからは修正できません。, 回避策:ユーザーは、ホストで esxcli コマンドを使用して、現在のプロダクト ロッカーの場所のデフォルトを次のように修正できます。, 1.既存のプロダクト ロッカーの場所の設定を次のように削除します:esxcli system settings advanced remove -o ProductLockerLocation, 2.a. 影響を受ける Qlogic HBA アダプタは、HP Ethernet 10Gb 2-port 530T です。, ESXi 7.0 または 7.0 b を実行しているホストに、ESXi 7.0 Update 1 に適用されるドライバをインストールすることはできません。次のようなエラーが発生して、操作は失敗します。VMW_bootbank_qedrntv_3.40.4.0-12vmw.701.0.0.xxxxxxx requires vmkapi_2_7_0_0, but the requirement cannot be satisfied within the ImageProfile.​詳細についてはログ ファイルを参照してください。, 回避策:ESXi ホストを 7.0 Update 1 にアップデートします。ドライバのインストールを再試行します。, Security Token Service (STS) 証明書に Subject Alternative Name (SAN) フィールドが含まれていない場合、vCenter Server のアップグレード/移行の事前チェックは失敗します。この状況は、vCenter 5.5 Single Sign-On 証明書を SAN フィールドのないカスタム証明書に置き換えてから、vCenter Server 7.0 にアップグレードしようとした場合に発生します。アップグレード プロセスによって STS 証明書が無効であると判断され、事前チェックによってアップグレード プロセスが続行されなくなります。, 回避策:STS 証明書を、SAN フィールドを含む有効な証明書に置き換えてから、vCenter Server 7.0 のアップグレードまたは移行を続行します。, アップグレード後、ESXi には 64 ビットの CIM プロバイダが必要であるため、以前にインストールした 32 ビットの CIM プロバイダは動作を停止します。CIMPDK、NDDK(ネイティブ DDK)、HEXDK、VAIODK(I/O フィルタ)に関連する管理 API 関数が失われ、uwglibc 依存関係に関連するエラーが表示されることがあります。Syslog では、モジュールが見つからないため、「32 ビットの共有ライブラリがロードされていません」とレポートされます。, 回避策:対処法はありません。修正するには、新しい 64 ビットの CIM プロバイダをベンダーからダウンロードします。, スマート カードまたは RSA SecurID 認証用に vCenter Server を構成した場合は、vSphere 7.0 アップグレード プロセスを開始する前に、https://kb.vmware.com/s/article/78057 の VMware ナレッジベースの記事を参照してください。ナレッジベースに記載されている回避策を実行しないと、次のエラー メッセージが表示される場合があり、スマート カードまたは RSA SecurID 認証が機能しません。, 「スマート カード認証が機能しなくなることがあります。スマート カードの設定が保存されず、スマート カード認証が機能しなくなることがあります。」, 「RSA SecurID 認証が機能しなくなることがあります。RSA SecurID の設定が保持されず、RSA SecurID 認証が機能しなくなることがあります。」, 回避策:vSphere 7.0 にアップグレードする前に、https://kb.vmware.com/s/article/78057 の VMware ナレッジベースの記事を参照してください。, 外部 Platform Services Controller を使用する vCenter Server デプロイをアップグレードする場合は、Platform Services Controller を vCenter Server Appliance に統合します。エラー install.vmafd.vmdir_vdcpromo_error_21 でアップグレードが失敗する場合、VMAFD の firstboot プロセスが失敗しています。VMAFD の firstboot プロセスは、ソース Platform Services Controller および複製パートナー vCenter Server Appliance から、VMware Directory Service データベース (data.mdb) をコピーします。, 回避策:外部 Platform Services Controller を持つ vCenter Server をアップグレードする前に、ソース Platform Services Controller または複製パートナー vCenter Server Appliance のイーサネット アダプタ上で TCP セグメンテーション オフロード (TSO) およびジェネリック セグメンテーション オフロード (GSO) を無効にします。ナレッジベースの記事 (https://kb.vmware.com/s/article/74678) を参照してください, vSphere Authentication Proxy サービス (vmcam) が、デフォルトの TLS 1.2 プロトコル以外の特定の TLS プロトコルを使用するように構成されている場合は、この構成が CLI のアップグレード プロセスで保持されます。vSphere は、デフォルトで、TLS 1.2 暗号化プロトコルをサポートしています。TLS 1.2 をサポートしていない製品またはサービスをサポートするために TLS 1.0 および TLS 1.1 プロトコルを使用する必要がある場合は、TLS 構成ユーティリティを使用して、複数の TLS プロトコルのバージョンを有効または無効にすることができます。, 回避策:TLS 構成ユーティリティを使用して、vmcam ポートを構成します。TLS プロトコル構成を管理する方法や、TLS 構成ユーティリティを使用する方法については、『VMware セキュリティ』ドキュメントを参照してください。, vCenter Server 7.0 へのアップグレード後は、RSA SecurID を使用した認証が機能しません。RSA SecurID ログインを使用してログインしようとすると、この問題についてのエラー メッセージが表示されます。, vCenter Server for Windows を vCenter Server Appliance 7.0 に移行すると、「IP がネットワークにすでに存在します」というエラー メッセージが表示され、失敗します。これにより、移行プロセスで新しい vCenter Server Appliance のネットワーク パラメータを構成できなくなります。詳細については、次のログ ファイルを確認してください。/var/log/vmware/upgrade/UpgradeRunner.log, vSphere 7.0 では、仮想インフラストラクチャ管理 (VIM) API を使用して(たとえば vSphere Client を通じて)、SR-IOV デバイスの仮想関数の数を構成できます。このタスクでは ESXi ホストを再起動する必要はありません。VIM API 構成を使用した後に、max_vfs モジュール パラメータを使用して SR-IOV 仮想関数の数を構成しようとすると、VIM API の構成によってオーバーライドされるため、変更が反映されないことがあります。, 回避策:なし。SR-IOV デバイスの仮想関数の数を構成するには、毎回同じ方法を使用します。VIM API を使用するか、max_vfs モジュール パラメータを使用して ESXi ホストを再起動します。, メジャー アップグレードで、vCenter Server Appliance のソース インスタンスが VCHA NIC 以外の複数のセカンダリ ネットワークで構成されている場合、ターゲット vCenter Server インスタンスでは VCHA NIC 以外のセカンダリ ネットワークが保持されません。ソース インスタンスが、DVS ポート グループの一部である複数の NIC で構成されている場合、アップグレードで NIC 構成は保持されません。標準ポート グループの一部である vCenter Server Appliance インスタンスの構成は保持されます。, 回避策:なし。ターゲット vCenter Server Appliance インスタンスのセカンダリ ネットワークを手動で構成します。, 外部 Platform Services Controller を持つ vCenter Server をアップグレードまたは移行した後に、新しくアップグレードされた vCenter Server が Active Directory ドメインに参加していない場合、Active Directory を使用して認証を行うユーザーは vCenter Server インスタンスにアクセスできなくなります。, 回避策:新しい vCenter Server インスタンスが Active Directory ドメインに参加していることを確認します。ナレッジベースの記事 (https://kb.vmware.com/s/article/2118543) を参照してください, Oracle のイベントおよびタスク テーブルに ASCII 以外の文字列が含まれていると、イベントおよびタスク データをエクスポートするときに移行が失敗することがあります。次のエラー メッセージが表示されます。UnicodeDecodeError, この不整合は、ESXi 7.0 で要求ルールの重複が許可されていないにもかかわらず、使用中のプロファイルに重複するルールが含まれていることが原因で発生することがあります。たとえば、ESXi 6.5 または ESXi 6.7 からバージョン 7.0 にアップグレードする前にホストから抽出したホスト プロファイルを使用しており、ホスト プロファイルにシステムのデフォルト ルールで重複した要求ルールが含まれている場合、問題が発生することがあります。, vCenter Server 7.0 へのインストールまたはアップグレード後、vCenter Server 管理インターフェイス内の [アップデート] パネルに移動すると、「URL を確認して、やり直してください」というエラー メッセージが表示されます。このエラー メッセージが表示されても [アップデート] パネル内の機能は使用できるため、利用可能なアップデートの表示、ステージング、インストールは可能です。, VMware® vSphere Trust Authority™ で、信頼済みクラスタ上で HA を有効にしていて、クラスタ内の 1 つ以上のホストで証明が失敗した場合、暗号化された仮想マシンはパワーオンできません。, 回避策:信頼済みクラスタからの証明に失敗したすべてのホストを削除するか、修正します。, VMware® vSphere Trust Authority™ で、信頼されたクラスタで DRS を有効にしていて、クラスタ内の 1 つ以上のホストで証明が失敗した場合、DRS はクラスタ内の証明されていないホストで暗号化された仮想マシンをパワーオンしようとすることがあります。この操作により、仮想マシンがロックされた状態になります。, vSphere Client を使用して vCenter Server インスタンス間で暗号化された仮想マシンを移行またはクローン作成しようとすると、次のエラー メッセージが表示されて操作が失敗します。「現在の状態ではその操作を実行できません。」, 回避策:vCenter Server インスタンス間で、暗号化された仮想マシンを移行またはクローン作成するには、vSphere API を使用する必要があります。, Intel 82599EB/X540/X550 シリーズの NIC のネットワーク パフォーマンスを向上させるために、新しいキュー ペア機能が ixgben ドライバに追加されたことで、vSphere 7.0 の一部のワークロードでは、vSphere 6.7 と比較してスループットが低下することがあります。, 回避策:vSphere 6.7 と同じネットワーク パフォーマンスを実現するために、モジュール パラメータを使用してキュー ペアを無効にすることができます。キュー ペアを無効にするには、次のコマンドを実行します。, # esxcli system module parameters set -p "QPair=0,0,0,0..."-m ixgben, 高ネットワーク スループットを必要とする仮想マシンでは、NetIOC を有効にして vSphere 6.7 から vSphere 7.0 にアップグレードすると、スループットが低下することがあります。, 回避策:複数のワールドを有効にするように、ethernetx.ctxPerDev 設定を調整します。, あるポート グループから別のポート グループに VMkernel ポートを移行する場合、IPv6 トラフィックは IPsec を使用する VMkernel ポートを通過しません。, 回避策:影響を受けるサーバから IPsec Security Association (SA) を削除してから、SA を再適用します。IPsec SA を設定および削除する方法については、『vSphere セキュリティ』ドキュメントを参照してください。, ESX ネットワーク パフォーマンスの向上に伴って、CPU 使用率が部分的に増加する場合があります。, 回避策:ネットワーク インターフェイスを削除し、1 つの rx ディスパッチ キューのみを持つようにして追加します。例:, esxcli network ip interface remove --interface-name=vmk1, esxcli network ip interface add --interface-name=vmk1 --num-rxqueue=1, ホット アド、ホット リムーブ、または Storage vMotion の後で、仮想マシンがイーサネット トラフィックの受信を停止することがあります。この問題は、vNIC のアップリンクで SR-IOV が有効になっている仮想マシンに影響します。PVRDMA 仮想 NIC では、仮想ネットワークのアップリンクが Mellanox RDMA 対応の NIC であり、RDMA の名前空間が構成されている場合に、この問題が発生します。, 回避策:仮想マシンの、影響を受けるイーサネット NIC をホット リムーブしてホット アドすると、トラフィックをリストアできます。Linux ゲスト OS では、ネットワークを再起動すると問題が解決する場合もあります。これらの回避策の効果がない場合は、仮想マシンを再起動してネットワーク接続を復旧できます。, DDNS の導入により、DNS レコードの更新は、DHCP で構成されたネットワークを使用してデプロイされた VCSA でのみ機能します。VAMI を通じて vCenter Server の IP アドレスを変更すると、次のエラーが表示されます。, eth0 の IP アドレスを変更するには、オプション 6 を使用します。変更が完了したら、次のスクリプトを実行します。, VCSA 上のすべてのサービスを再起動して、DNS サーバの IP アドレス情報を更新します。, 論理スイッチの数が増えると、NSX Manager で対応する論理スイッチを削除した後、vCenter Server の NSX DVPG が削除されるまでに、より長い時間がかかる場合があります。12,000 個の論理スイッチがある環境では、NSX DVPG が vCenter Server から削除されるまでに約 10 秒かかります。, vSphere 7.0 では、NSX 分散仮想ポート グループは不透明ネットワークよりも非常に多くのメモリを使用します。このため、NSX 分散仮想ポート グループは、同じ量のメモリで不透明ネットワークと同じスケールをサポートできません。, 回避策:NSX 分散仮想ポート グループの使用をサポートするには、ESXi ホストのメモリ量を増やします。システムに仮想マシンをサポートするのに十分なメモリがあることを確認した場合、次のコマンドを使用して、hostd のメモリを直接増やすことができます。, localcli --plugin-dir /usr/lib/vmware/esxcli/int/ sched group setmemconfig --group-path host/vim/vmvisor/hostd --units mb --min 2048 --max 2048, これにより、hostd が、環境内の仮想マシン用に通常予約されているメモリを使用することに注意してください。このため、ESXi ホストがサポートできる仮想マシンの数が減少する可能性があります。, 仮想マシンでネットワークの予約が設定されている場合、DRS は、指定された要件を満たすホストにのみ仮想マシンを移行することを想定しています。NSX トランスポート ノードがあるクラスタでは、一部のトランスポート ノードが NSX-T 分散仮想スイッチ (N-VDS) によりトランスポート ゾーンに参加し、その他のトランスポート ノードが vSphere 分散スイッチ (VDS) 7.0 によりトランスポート ゾーンに参加すると、DRS が誤って vMotion を起動することがあります。この問題は、次の場合に発生することがあります。, 回避策:すべてのトランスポート ノードを N-VDS または同じ VDS 7.0 インスタンスによってトランスポート ゾーンに参加させます。, QLogic 4x10GE QL41164HFCU CNA を使用している場合、物理ネットワーク アダプタの [設定の編集] ダイアログに移動して SR-IOV を有効にしようとすると、操作が失敗することがあります。SR-IOV を有効にしようとすると、ESXi ホストのネットワークが停止する可能性があります。, 回避策:SR-IOV を有効にするには、ESXi ホストで次のコマンドを使用します。, vSphere 7.0 では、vSphere VDS 上で NSX-T ネットワークを DRS クラスタと併用している際に、ホストが同一の VDS または NVDS による NSX トランスポート ゾーンに参加していない場合、vCenter Server に障害が発生することがあります。, 回避策:DRS クラスタ内のホストが、同一の VDS または NVDS を使用する NSX トランスポート ゾーンに参加するようにします。, エクスパンダなしの SmartPQI コントローラを使用する HPE Gen10 サーバの SATA ディスクが、ホット リムーブされてから同じマシンの別のディスク ベイにホット インサートされる場合、または複数のディスクがホット リムーブされてから別の順序でホット インサートされる場合、ディスクに新しいローカル名が割り当てられることがあります。そのディスク上の VMFS データストアはスナップショットとして表示され、デバイス名が変更されたため、自動的にマウントし直されることはありません。, 回避策:なし。SmartPQI コントローラでは、順序なしのホット リムーブおよびホット インサート操作はサポートされていません。, 場合によっては、リンクの問題やコントローラの状態が原因で、NVMeOF デバイスへのすべてのアクティブ パスで I/O エラーが登録されることがあります。いずれかのパスのステータスが [Dead] に変わった場合、高パフォーマンス プラグイン (HPP) では、大量のエラーが表示されている別のパスは選択されないことがあります。そのため、I/O が失敗します。, 回避策:構成オプション /Misc/HppManageDegradedPaths を無効にして、I/O のブロックを解除します。, VOMA チェックは NVMe ベースの VMFS データストアではサポートされておらず、次のエラーが表示されて失敗します。, 回避策:なし。VMFS メタデータを分析する必要がある場合は、-l オプションを使用して収集し、VMware ユーザー サポートに渡します。ダンプを収集するためのコマンドは、次のとおりです。, FCD と仮想マシンが異なる暗号化キーで暗号化されている場合、仮想マシンの再構成 API を使用して、暗号化された FCD を暗号化された仮想マシンに接続しようとすると、次のエラー メッセージが表示されて失敗することがあります。, 回避策:仮想マシンの再構成 API ではなく、attachDisk API を使用して、暗号化された FCD を暗号化された仮想マシンに接続します。, この問題は、スパンされた VMFS データストアの非ヘッド エクステントがヘッド エクステントとともに失敗した場合には発生しません。この場合、データストア全体にアクセスできなくなり、I/O が許可されなくなります。, これに対して、非ヘッド エクステントは失敗しても、ヘッド エクステントがアクセス可能である場合、データストアのハートビートは正常であると表示されます。また、ホストとデータストア間の I/O も継続されます。ただし、失敗した非ヘッド エクステントに依存するすべての I/O は失敗し始めます。失敗した I/O の解決を待つ間に、他の I/O トランザクションが蓄積され、ホストが応答していない状態になります。, 回避策:この問題を解決するには、非ヘッド エクステントの PDL 条件を修正します。, この問題は、クラスタ化された仮想ディスクのサポートが有効になっているデータストアでのみ発生します。データストアが All Paths Down (APD) または Permanent Device Loss (PDL) 状態からリカバリすると、そのデータストアはアクセスできないままになります。VMkernel ログには、次のような複数の SCSI3 予約競合メッセージが表示されることがあります。, 2020-02-18T07:41:10.273Z cpu22:1001391219)ScsiDeviceIO: vm 1001391219: SCSIDeviceCmdCompleteCB:2972: 予約競合の再試行 544:コマンド 0x45ba814b8340 (op: 0x89):デバイス "naa.

nvme_pcie ドライバによって生成されたデバイス アドレス間の不一致が原因で発生します。, SNMP ファイアウォール ルールセットは動的な状態で、ランタイム時に処理されます。ホスト プロファイルが適用されると、ルールセットの構成はホスト プロファイルと SNMP によって同時に管理され、ファイアウォールの設定が予期せずに変更されることがあります。, nmlx4-core、nmlx4-rdma、および nmlx4 の VIB をアップデートします。, lsuv2-intelv2-nvme-vmd-plugin VIB をアップデートします。, nmlx5-rdma および nmlx5-core の VIB をアップデートします。, lsuv2-lsiv2-drivers-plugin​VIB をアップデートします。, vmware-esx-esxcli-nvme-plugin​VIB をアップデートします。, qcnic、qfle3f、qfle3i、および qfle3 VIB をアップデートします。, ESXi ホスト上の I/O デバイスで合計 512 個の異なる割り込みソースが提供されている場合、一部のソースに対して、最大値より大きい値を持つ AMD IOMMU の割り込み再マッピング テーブル エントリ (IRTE) インデックスが誤って割り当てられます。このようなソースからの割り込みは失われるため、対応する I/O デバイスは割り込みが無効であるかのように動作します。, 回避策:ESXCLI コマンド esxcli system settings kernel set -s iovDisableIR -v true を使用して、AMD IOMMU 割り込み再マッピングを無効にします。ESXi ホストを再起動して、コマンドの結果を反映します。, 複数の ESXi ホストを含む環境でファイアウォール構成を自動化し、フィルタを破棄してファイアウォール モジュールをアンロードする ESXCLI コマンド esxcli network firewall unload を実行すると、hostd サービスが失敗し、ESXi ホストの接続が失われます。, 回避策:どのような状況でも、ファイアウォール モジュールのアンロードは推奨されません。ファイアウォール モジュールをアンロードする必要がある場合は、次の手順を実行します。, 少なくとも 1 つのスナップショットがあり、異なるストレージ ポリシーが設定された複数の仮想ディスクを持つ仮想マシンに vSphere Storage vMotion を使用して vSAN データストアに移行すると、失敗することがあります。この問題は、SOAP (Simple Object Access Protocol) の本文が匿名のサイズ制限を超えているために発生する NFC マネージャの未認証セッションが原因で発生します。, 回避策:最初に、仮想マシン ホーム名前空間といずれかの仮想ディスクを移行します。処理が完了したら、残りの 2 つのディスクについて、ディスクのみの移行を実行します。, ESXi ホストの再起動中にデバイス検出ルーチンがタイムアウトになると、ジャンプスタート プラグインは、ホスト上のすべての登録済みデバイスからデバイスとストレージの構成変更の一部を受信しない場合があります。その結果、再起動後に一部のデバイスまたはストレージのプロパティがデフォルト値にリストアされることがあります。, 回避策:影響を受けるデバイスまたはストレージのプロパティの変更を手動でリストアします。, ESXi 7.0 のベータ ビルドを使用している場合に、ドライバのアンロードや、ENS モードとネイティブ ドライバ モードの切り替えなど、一部のライフサイクルの操作中に ESXi ホストで障害が発生し、パープル スクリーンが表示されることがあります。たとえば、ENS モードを変更すると、バックトレースに次のようなエラー メッセージが表示されます。case ENS::INTERRUPT::NoVM_DeviceStateWithGracefulRemove hit BlueScreen: ASSERT bora/vmkernel/main/dlmalloc.c:2733 これはベータ ビルドに固有の問題で、ESXi 7.0 などのリリース ビルドには影響しません。, ESXi ホスト上の VMFS データストアが NVMe over Fabrics の名前空間またはデバイスによってバッキングされている場合に、APD (All Paths Down) または PDL (Permanent Device Loss) の障害が発生すると、リカバリ後もデータストアにアクセスできないことがあります。ESXi ホストと vCenter Server システムのどちらからもデータストアにアクセスできません。, 回避策:この状態からリカバリするには、ホストまたはクラスタ レベルで再スキャンを実行します。詳細については、「ストレージの再スキャンの実行」を参照してください。, AMD SEV-ES が有効な仮想マシンで、VMCI を必要とする機能のパフォーマンスや機能が影響を受ける場合があります。これは、仮想マシンが VMCI ソケットを作成できないためです。, Emulex および Qlogic ホスト バス アダプタ (HBA) を使用する ESXi ホストでは、vSphere Auto Deploy を使用してホストを PXE ブートすると、ネットワーク エラーが原因で失敗することがあります。一部の Emulex アダプタでは、PXE ブート コンソールに次のようなメッセージが表示されます。Could not open net0: Input/output error http://ipxe.org/1d6a4a98' Network error encountered while PXE booting. nmlx5_core または 4) VMware vSphere ESXi 6.0 を再起動します。 以下はVMware vSphere Client を使用する場合の手順です。 5) 再起動後、以下のコマンドにより、インストール状態を確認できます。 > esxcli --server --username <ユーザ名> --password <パスワード> software vib list ESXiの初期設定で行うのがNTPの時刻同期の設定です。ESXi6.5ではvSphere Host Clientで設定することになるかと思います。記事投稿時の一番新しいバージョンはESXi6.7です。, https://kb.vmware.com/selfservice/microsites/search.do?language=en_US&cmd=displayKC&externalId=1033653, 1 vSphere Client を起動します。2 [構成] > [時間の構成] > [プロパティ] に移動します。3 正確な時刻と日付を入力します。4 [オプション] をクリックします。5 [サービス コマンド] ボックスで [再起動] をクリックします。, vSphere Web Client から時刻を設定するには、次の手順を実行します。, 1 vSphere Web Client にログインします。デフォルトの URL は、https://vCenter_Server_FQDN:9443/vsphere-client です。2 [ホーム] 画面から [ホストおよびクラスタ] に移動します。3 ESXi ホストを選択し、[管理] タブをクリックし、[システム] の [設定] ボタンをクリックし、[時間の構成] をクリックします4 [編集] をクリックし、[このホストの日付および時刻を手動で構成します] ラジオ ボタンを選択し、正確な時刻と日付を入力します5 [OK] をクリックします, そして、実際に同期されているか確認したい場合は、ESXiにssh接続をして、以下のコマンドを実行します。, 時刻同期されるまで少し時間がかかる場合があります。DNSによる時刻同期ができている場合は、NTPサーバが名前で表示されることがあります。vSphere6.7の場合は、HTML5で変更することも可能です。, merrywhiteさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog ESXi ホストの再起動またはシャットダウン vSphere Client を使用して ESXi ホストをパワーオフまたは再起動できます。 管理対象ホストをパワーオフすると vCenter Server との接続が切断されますが、インベントリから削除されるわけではありません。

実習先 挨拶 電話 37, エール 子役 白鳥玉季 4, イジメ 復讐 話 18, Vg245h Vg245he 違い 32, ホシザキ ビールサーバー 冷えない 6, ヘインズ 博多阪急 店 9, 落合博満 三冠王 なんj 5, 牛肉 炊き込みご飯 リュウジ 4, センター 生物基礎 満点 4, 投資 分析 エクセル 4, マスキングテープ 塗装 溶ける 9, Ambie Bluetooth 接続できない 4, ゆるキャン 温泉 ドラマ 4, スイッチ アミーボ 読み込まない 13, F56 コーディング Diy 27, ひらがな 推し 動画 集積 回路 12, 連立方程式 列車 すれ違い 9, Gsuite Youtube 限定公開 7, 近況報告 メール 件名 40, ミスシャーロック 衣装 ワンピース 17, ジモティー 直接連絡先が含まれ てい ます 見れ ない 6,

Leave a Reply